フェラチオしながら悪臭を嗅ぐことに興奮する人妻

39歳の人妻のセフレがいるという男性が書いているPCMAX書き込みだ。その人妻のセフレは、フェラしながら、おちんちんのニオイを嗅ぐという性癖があるみたいですね。そうして、おちんちんのニオイを嗅がれると大層興奮するみたいです。確かに凄い興奮しそうですね。

【PCMAX書き込み・38歳男性(茨城県内)】
39歳の人妻とセフレものの原因を築くことができました。それから3か月くらい経ちます。ただ普通にセックスするだけじゃなく色んなレクレーションも試すようになってきました。そうしてこの前、電マを使ったら、見せてほしいというので勃起したのを亭主の顔の今しがたでしゅっ、しゅっ、しゅっ、としてみました。すると、「あぁ、おちんちんの気分が堪らない。はしたないわ。ずっと酷くこすって!」と今までに見た事が弱いほど興奮し始めたんです。その時、ようやく自分の性癖に気がついたようですね。若い女子ってフェラ好きじゃない人も多いですが、その理由として、おちんちんのニオイが臭いからという事情を挙げるお客も結構いますよね。ただ、女性も年を重ねるにつれて、そのおちんちんのニオイに興奮してしまうという料率が増えてくるとも思います。それからは、逢う度に、ひとしきりセックスした事後、フルパワーの電マでクリを責めながら「見せて。意見も、聞かせて」と己の「はっ、はっ、はっ」という声を聞きながら果てない喜びを戴き、勢いよく射精した精液を見ながら果ててイキます。そうして立ちこめた精液のニオイに興奮しているんですよね。「精子っぽい、あぁ凄い興奮するわ。」と言いながら心地よさに笑みを浮かべているんです。フェラしながらおちんちんの気分を嗅ぎまくって要る衣装や顔は一体全体ドスケベいんだ。おちんちんのニオイを嗅がれるってこれ程興奮するんだということをはじめて知りました。こんなにもエロい人妻をセフレにすることができて最高です。普段は口数もそれ程安い真面目な人間なんですけどね。出会い系サイト初心者が陥りやすいミスについて。