深夜に車内で不貞彼女をフェラでイカせて上げる30歳勤め人の開示

30年齢勤め人のハッピーメルアド体験談だ。いやに赤裸々な報告といった感じです。不倫しているようですが、その事は親友にも言ってないと書いていますね。心の中にさらに仕舞い込み、そして匿名でネットに書いているについてのようですね。出会い系サイトでの出会いの奥深さを感じました。ただセックスしよというわけじゃなく、例えアバンチュールお客様であっても、誠にそのお客様を求めているということも多いということがぐっすり伝わる体験談ですよね。【ハッピーメルアドのリアル出会い体験談・埼玉県内30年齢おばさん(勤め人)】わたくしには週間に1~2回くらい、深夜に密会する男性がいます。こういう事は誰にも言ったことはないんです。もちろん親友にも。その男性はハッピーメルアドで知り合ったのですが、何故かコネクションが長く続くようになりました。東京の最大手に勤めてある輩で、四六時中夜間10ケースくらいに商いを終えて帰ってきます。恋人は駅舎の近くの立体モータープールに自動車を停めていて普通、会いたいと思ったらメルアドがきます。恋人は意外とメンズで、私もいつのころからか恋人を待ち焦がれるようになりました。心の支えといったほうがいいかもしれません。そうしてメルアドが行き着くと、その立体モータープールに会いに行くのです。恋人は既婚方なので出会える時間は必ずや限られています。その立体モータープールの車内で、キスしたりネッチョリしながら、お尻やオッパイを触られて私も恋人の下半身をもてあそび、凄いごつく激しくなったら恋人のアソコをくわえます。たえず自然の流れでこうなります。恋人にお尻や牛乳を揉まれながら、わたくしは恋人のアソコを丁寧に舐めます。深夜の仕事帰りで、もちろんシャワーも浴びてないので、独特の臭いがしますが、ついその香りを嗅ぐと興奮するようになってきました。恋人のアソコの香りを嗅ぎながら一心不乱に舐め続けると、恋人は「清々しいよ」と言いながらだんだん息づかいが荒くなってきます。そこでわたくしは、吸い上げるように、深く飲むようにして舐めると、恋人がもう少しでイキみたいと教えてもらえる。わたくしはその時に、ますますきつく著しく吸うと、いつもの合図で背中を叩かれ、口の中にてんこ盛り出してもらえる。わたくしは口に出されたたっぷりの精液を、たえず少々行うようにしてから一部始終飲み下します。そうすると、恋人はしょっちゅう嬉しそうにしてわたくしを抱き締めてもらえる。「有難う」って言いながら。アバンチュールの出会いではありますが、こういう出会いがわたくしを支えてくれています。こういうスパンがなかったら、わたくし、出遅れは更に団体辞めちゃってるというな。それだけ支えになってくれています。我々こそ本当にありがとうね。出会えないという噂のPCマックスの真実について